専業主婦でも借りれるキャッシング

専業主婦キャッシング紹介所※家族に内緒で借りれるカードローン

専業主婦がお金借りられるのは銀行系カードローン

専業主婦は銀行系のみ。収入のある主婦は消費者金融でもOK

  女性が男性と結婚をして専業主婦になると基本的に旦那の収入で生活をしていくことになります。   そのため専業主婦は基本的にお金に困って金融機関からお金を借りる必要性はないと考えられます。   しかし専業主婦でも学生時代の友人とのお付き合いや時にはおしゃれをするために急にお金が必要になってきて、金融機関からお金を借りたいと思うこともあります。   そのため専業主婦でも銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りようとしている人も少なくありませんが、実際に専業主婦でもお金を借りることができるのでしょうか?    

 専業主婦が即日でお金を借りれる金融機関とは

  専業主婦はまず金融機関でお金を借りることができるのかどうかということですが、金融機関によってはお金を借りることが可能です。   そして専業主婦がお金を借りることができる金融機関とはどこなのかというとそれは銀行です。   これに対して消費者金融はお金を借りようとしている人の年収の3分の1までしか融資をすることができないという、総量規制の対象となっているので収入のない専業主婦は利用できません。   しかし収入のある主婦は総量規制の対象となっていていも審査を通過することが可能なので、消費者金融でもお金を借りることができます。    

 銀行と消費者金融のメリットとデメリット

  人がお金を借りるために利用する金融機関として主に銀行と消費者金融があります。   そして銀行と消費者金融を利用してお金を借りる場合のメリットとデメリットはどのようなことがあげられるのしょうか?   まず銀行を利用してお金を借りるメリットとして金利が低いので経済的にお得に利用できます。   これに対しデメリットとして審査は消費者金融よりも厳しいので、即日融資を受ける際にやや不便な面もあります。   一方消費者金融を利用してお金を借りる場合のメリットとして審査は短期間で終わるので、即日融資を受けやすいです。   これに対しデメリットとしてすぐお金を借りることができるので、計画的に利用しないと借りすぎてしまうことがあり、また金利も若干高くなっているので銀行に比べて、経済的に不利になってしまいます。  

専業主婦におすすめのカードローンランキング

 

新生銀行カードローン レイク

専業主婦に人気NO1 当サイトオススメの新生銀行レイク

新生銀行レイクは、来店不要で即日審査も可能なうえ、初回限定で30日間・180日間金利が0円という無利息期間が何よりも嬉しい。   運転免許証や健康保険証などの本人を証明する書類だけで審査OKな場合も多いので、旦那さまにバレずにお金を借りることが可能です。

新生銀行レイク

実質年利 限度額 審査期間
4.5%~18.0% 最大500万円 最短即日可能

 

三菱東京UFJ銀行バンクイック

借り入れ可能か直ぐわかるお試し診断が便利

初めての借り入れでも返済サポートがあるために、安心して利用することが出来る三菱東京UFJ銀行バンクイック。   全国にある提携ATMの利用手数料が無料で、借り入れにあたって口座を持っていなくてもOKです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年利 限度額 審査期間
4.6~14.6% 専業主婦は最大30万円 最短30分

 

みずほ銀行

金利の低さが嬉しいみずほ銀行

最短即日での借り入れが可能なみずほ銀行のカードローンも、専業主婦の方にとって嬉しい総量規制の対象外なので借り入れが可能です。   最大30万円まで、借り入れする本人の身分証明書の提出で、来店不要、旦那様の同意書も不要で借り入れ出来ます。

みずほ銀行

実質年利 限度額 審査期間
4.0~14.0% 専業主婦は最大30万円 最短即日可能

 

イオン銀行

大きく借りられて低金利が魅力のイオン銀行

イオン銀行ダイレクトでお申し込みの場合は、最短即日融資が可能なイオン銀行は、300万円までは収入証明書も不要です。   お買い物に行くついでに返済が出来るATMが便利なのも嬉しいですね。

イオン銀行

実質年利 限度額 審査期間
3.8~13.8% 最大800万円 最短即日可能

 

銀行系カードローンの審査について

  専業主婦がカードローン審査を通過することができるのは基本的に銀行系だけなので、カードローンを利用するにおいて銀行を利用することになります。   そして銀行系のカードローンの審査は具体的にはどのようになっているのでしょうか?  

銀行カードローンの審査の基準

  仕事をしていない専業の主婦がお金を借りるためによく利用する銀行系カードローンの審査の基準としてまずあげられるのが銀行は総量規制の対象となる消費者金融などの貸金業者ではないので、自分の年収の3分の1までしか融資を受けることができないという規制を受けることはないので、収入面で不利な扱いを受けるのをある程度回避することができます。   また申込をするにおいて、銀行のよって額の相違はあるものの、一定の額までであれば収入証明書を提出する必要もないので、この額までの借入であれば、審査を受ける際に旦那に関しては詳細な審査を受けることはありません。   ただ配偶者である旦那に安定的な収入を得ていることは専業主婦が銀行でカードローンを利用する必要条件の一つなので、この点は認識しておく必要があります。   それから利用する銀行の普通預金口座をあらかじめ作っておくと審査がスムースに進み、即日融資を受けることが可能です。   そして専業主婦が銀行系カードローンを利用するにおいて、設定することができる限度額は概ね30万円から50万円程度ですが、このくらいの枠があれば、十分満足に利用することができます。  

申込の審査の際に気をつけるべき点

  専業主婦でも利用可能である銀行系のカードローンの利用の申込の審査を受ける際にいくつか注意をしておいたほうがいいことがあります。   まず申込をする時に提出する申込書に記載する事項は間違いのないようにしっかり記入することです。   なぜなら銀行系のカードローンを利用するためには20歳以上である必要があり、また利用限度額によっては審査が通らなくなる必要があるからです。   その他真実ではない情報やいい加減に記載されているとそれだけで銀行側から信用を失い、審査を受ける際に印象が悪くなってしまうからです。   また申込ブラックにならないように注意する必要があります。   申込ブラックとは短期間のうちに複数の銀行などの金融機関にキャッシングやカードローンの利用の申込をしてしまい、それが信用情報に登録されてしまうことによって、ブラックの扱いを受けてしまうことを言います。   そのため借入の申込は2社までにして、それ以降はある程度の期間が経過した後に申し込むようにしましょう。

 

QLOOKアクセス解析