総量規制対象外

専業主婦キャッシング紹介所※家族に内緒で借りれるカードローン

専業主婦は総量規制対象外でしか借りられない

読了までの目安時間:約 3分

 

 総量規制とは

 

一昔前においては人が金融機関を利用してお金を借りる場合において、金融機関側から審査を受けて通過することができれば、その限度額までは無制限にお金を借りることができました。

 

しかしこのような状況であると無計画にお金を借りてしまう人が多くなり、その結果として借金を返済することができなくなってしまう人が出てきてしまいます。

 

そのような状況を変えるために2006年12月に貸金業法の改正により総量規制が設けられました。

 

総量規制とは貸金業者からキャッシングなどを利用する場合において、原則年収の3分の1までしかお金を借りることができないというものです。

 

 消費者金融は総量規制の対象となる金融機関です

 

人がお金を借りることができる金融機関にもいくつかの金融機関がありますが、その中でも手軽に利用することができるのが消費者金融です。

 

消費者金融とは個人に対して少額のお金を融資することを事業としている金融機関です。

 

そして消費者金融は総量規制の対象となる金融機関なので、お金を借りる場合は基本的に収入を得ている必要があります。

 

そのため収入を得ていない専業主婦は消費者金融を利用してお金を借りることはできません

 

専業主婦がお金を借りる場合には銀行系カードローンを利用するのが一般的です。

 

 消費者金融と銀行系カードローンの違い

 

収入を得ていない専業主婦がお金を借りるためによく利用する銀行系カードローンは消費者金融といろいろな違いがあります。

 

まず一番の違いといえば総量規制の対象になるかどうかということで、銀行系カードローンは消費者金融とは違い、総量規制の対象にならないので、収入を得ていない専業主婦でも利用することが可能です。

 

そして総量規制以外にどのような違いがあるのかというと、審査のスピードや金利と借入の限度額も違いがあります

 

審査のスピードは消費者金融のほうが早く、金利や借入限度額は銀行系カードローンのほうが安く優遇されています

 

さらに即日融資の受けやすさは消費者金融に一日の長がありますが、銀行系カードローンも即日融資を受けることができるところがかなり多いです。

 

専業主婦キャッシング紹介所※家族に内緒で借りれるカードローントップへ

 

タグ :

主婦がお金をかりる    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
QLOOKアクセス解析